庭のヒント

湿った芝生を刈る-これを覚えておいてください


数日間の雨天とほんの数時間の日光のみ:どのように芝生を刈る必要がありますか?ここでいくつかの重要な点に注意すると、これも可能です。

濡れた芝生の芝刈り機

誰もがあなたが乾いた天気で芝生を刈るだけであるべきであることを知っています。ただし、これは常に可能とは限りません。結局、毎年夏は暖かくなくて暖かいです。また、雨がほとんど降らない夏もありました。そして晩秋でも、最後にすべての緑のエリアを刈る必要があります。冬の上に長い草を置いたままにすると、雪と霜が茎を押し下げます。そしてこれは、負荷がその下の根を窒息させることを意味します。読書のヒント:冬の芝生-エントリーなし!

ただし、特に秋には一度に何日も雨が降ることが多いため、冬の休憩前に最後に刈った芝生を見逃すような乾燥した期間を見つけることはあまりありません。したがって、例外的に、いくつかの特別な機能に注意を払えば、雨天で芝生を刈ることもできます。

濡れた芝生を適切に刈る方法

Law芝生を刈る、マルチしないでください:

一つのことは非常に重要です:雨天では、芝刈りはできますが、決して根を張ることはできません。この場合、濡れた草の切り抜きは緑の領域に残ります。重いだけでなく、カバーとしても機能します。これには2つの欠点があります。1つは、光がカバーの下の草の葉に浸透しなくなり、2つ目は、持続的な水分がすぐに腐敗につながることです。したがって、湿った芝生を刈るときは、常に収集バスケットを使用することが非常に重要です。読書のヒント:緑の廃棄物を使用する-賢いリサイクルのヒント

そして、私たちは収集バスケットの対象になっていますが、湿った草の重量は当然かなり大きくなるため、これは間違いなく堅牢でなければなりません。その結果、湿った芝生を刈るのははるかに困難です。したがって、グラスキャッチャーが完全にいっぱいになるまで待たずに、時々空にしてください。草刈りの手間がかからず、芝生に不必要な圧力がかかりません。

Mo刈る前に芝生に入らないでください:

刈る前に湿った緑のエリアには入らないで、常に芝刈り機を追いかけます。これを行わないと、茎が押し下げられ、ナイフで到達できなくなります。草がすでに雨で平らになっている場合は、刈る前に熊手をつかみ、再び刃をまっすぐにすることが最善です。

Right適切な刈高を選択:

ナイフが頻繁にそこに引っかかるので、湿った切り抜きを時々取り除く必要があります。また、刈り高さをもう少し寛大に設定してから、2回目のパスで実際の刈高に減らすことも理にかなっています。これには、2回目のパスに入る前に芝生が少し乾くという利点もあります。