ケア

池が水を失う-毛細管ロックが役立つ


庭の池を作るのは大変です。すべてが完了したら、さらに良くなります。しかし、池が水を失うとどうなりますか?池が漏れていますか?

庭の池での水の損失にはさまざまな理由があります。最も明らかなのは、漏れやすい池のライナーです。フィルターシステムの欠陥、誤って取り付けられている、またはキャピラリーロックがない場合でも、池の水が失われる可能性があります。同様に、多くの水が蒸発するため、降水量の少ない非常に暖かい月には、水位の低下を考慮する必要があります。

不必要な水の損失に終止符を打つために、あなたが最初にすべきことは、水の損失の原因を正確に見つけることです。これを行うには、次の手順に従います。

キャピラリー

池の土手エリアを確認してください。湿地の場合、これはいわゆる毛細管効果の確実な兆候です。水と海岸の接触は芯に匹敵します。芯が液体のバランスをとるのと同じように、土がプールから水を引き出すからです。ここでは毛細血管バリアが治療法を提供します。

ヒント:池のライナーの配置が不適切な場合でも、これらの折り目はしばしばライザーのように機能し、水が水位を超えて上昇するため、池が失われます。

キャピラリーバリア

毛細管障壁は、池を周囲から分離します。一方で、これは池から水を汲むことを防ぎます。同時に、土壌や肥料が池に侵入して過剰に肥沃になるのを防ぎます。

毛細管バリアを設定したい場合、例えば、次のオプションがあります:

  • 毛細管障壁としてのコンクリートまたは木材のスラブ
  • 砂利で掘る
  • 池システムのエッジ
  • テラスの毛細管障壁を修正

毛細管障壁としてのコンクリートまたは木材のスラブ

毛細管バリアを設定する最も簡単な方法は、池の周りにコンクリートまたは木製パネルを配置し、池のライナーをそれに取り付けることです。

砂利で掘る

池の周りに平行に幅20 cmの深い溝を作ります。それから池のライナーでそれを覆い、溝を砂利で満たします。

ヒント:池の裏地の両側に約60〜80センチメートルを計画し、池が完全に満たされ、砂利がすでに溝にあるときにのみ、余分な裏地を切り取ります。

池システムのエッジ

貿易では、メーターでプラスチックのプロファイルを取得できます。通常、これらの高さは14〜20センチメートルです。このような池の端のシステムを設置するには、庭の池の周りに50〜60センチメートルの距離でプラスチックの支柱を地面に打ち込み、池のベルトをネジで取り付けます。次に、フィルムを池の端のシステムに取り付けるだけです。

テラスの毛細管障壁を修正

庭の池がテラスに隣接している場合は、毛管バリアをそこに取り付けるのが理にかなっています。これを行う最も簡単な方法は、木製のテラスです。これを行うには、テラスサービングの最初の列を緩めて、池のライナーを既存のカバーパネルに単に取り付けます。これを行うには、単にフィルムをカバーの上に引っ張ります。次に、テラスボードをカバーにねじ込みます。

ヒント: テラスに池に向かって傾斜がある場合は、プロファイルウッドを通して隆起したエッジを作成し、その上に池のライナーを引っ張ることができます。

石スラブのあるテラスがある場合は、最初にスラブの最初の層を削除する必要があります。次に、フィルムを2列目のパネルまで置きます。池のライナーにしわがなくなったら、取り外したプレートを元の場所に戻します。このようにして、最初の2行の間にフィルムを取り付けます。次に、余分なフィルムを切り取り、石板で閉じます。

破損したフィルターシステム

銀行エリアが乾燥している場合は、最初にフィルターシステムを確認する必要があります。フィルターシステムの漏れとホースの接続不良が水の損失の原因になる可能性があるためです。これを行うには、ポンプのスイッチを切り、水位を監視する必要があります。これが一定のままである場合、フィルターシステムに障害がある可能性が非常に高くなります。システムをよく見て、不良部品を交換する必要があります。

壊れた池ライナー

また、フィルターシステムを原因として除外できる場合は、池のライナーが漏れている可能性が比較的高くなります。これを確認するには、長期間にわたって水位を監視し、毎日スライド上に現在の水位をマークする必要があります。水が沈まなくなったようであれば、少なくとも穴の高さを知っています。これで、池のライナーをスキャンして損傷を探すことができます。

漏れを見つけることができれば、池のライナーの修理を開始できます。これを行うには、まず患部を乾かしてきれいにする必要があります。次に、残りのフィルムから寛大なパッチを切り取り、穴に貼り付けます。

ヒント: ただし、池のライナーに適切な接着剤を使用していることを確認してください。